基本的には本のアウトプットで、その中でも使いやすい知識をピックアップしていきます

読書メモ【アウトプット大全】から使いたい知識を箇条書

人付き合いのアウトプット

人は何から信用するか

  • 身だしなみや表情などの資格情報 55%
  • 話し方などの聴覚情報 38%
  • 話の内容 7%

重要なところでアイコンタクトを一回するだけで相手のドーパミンが出る

どんなに信憑性のある話をしていても、身だしなみや話し方が良くなければ信じてもらえない

内容よりも、見た目と話し方が大切

良い雑談方法

  • 長い話をするのは基本NG
  • 短い話をこまめにするのが有効
  • 質問をすると好感度が上がる

一回の話の時間を長々と取るよりも、ちょっとした挨拶や相槌などを多くする方が効果が大きい

質問を混ぜて短文に何回も話をかけるのが良い

断り方のテクニック

  1. 最初に謝罪か感謝を伝える
  2. 理由を伝える
  3. 断る
  4. 他の提案をする

この順番で、断り方を組み立てる

予め優先するものは何かを決めておくと断りやすい

自己紹介テンプレを作っておく

  • 30秒パターンと60秒パターンを作る
  • 長所と短所にユニークなものを入れておく
  • 数値を入れるほうが記憶に残る
  • ビジョン、使命、目標を入れる

印象に残りそうな長所と短所で覚えてもらうのが大切

「毎月10冊本を読む」などの数字を入れると記憶に残りやすい

アイディアのアウトプット

ひらめき方

  • 情報を集める、書き出す、議論する、向き合う
  • ボーッとするなり、好きなことをするなり時間を過ごす
  • ひらめいたら形にできるかの検証

情報集めなどで、頭が一杯になったところでリラックスをすると、アイディアが出やすい

いつ生まれるかはわからないが、情報を集めておくのは大切

行動できることはすぐに行動し、ひらめきが必要なものは先延ばしにする

引用のコツ

  • 頻用部分はストックしておく
  • 数値は細かく入れる
  • 本や論文の引用をメモ
  • 権威をメモ

予めストックしておくと情報を出しやすい

引用したいものは常にメモを取っておく、権威はどこの研究かなど

アウトプットのアウトプット

最も効率良く覚える方法

  • 読む 10%
  • 視覚教材 20%
  • グループ討論 50%
  • 体験を達した学習 75%
  • 他人に教えた経験 90%

誰かに教えたものは、強く記憶に残る

教えるのが無理な場合は、教えられる環境を自分で作ってしまうのが良い

チャレンジレベルの見極め方

  • 怖い、不安だと強く思うことはレベルが高すぎる可能性
  • ワクワクするくらいの挑戦にすると楽しめる

恐怖が強いと、続かない可能性がある

逃げ出したいと思わない程度のチャレンジが適正レベル

迷った時の選び方

  • ワクワクする方を選ぶ
  • 楽に出来るという理由で選ばない

それでも迷ったら、最初にワクワクした方を選ぶと良い

経験になりそうなことは後先考えずに初めてしまうのが良さそう

理想の過ごし方

  1. 朝にインプットとアウトプットを済ませる
  2. 午前中は集中力が必要な仕事をする
  3. 昼にランチをして必ず休憩をする
  4. ランチ後は頭を使わない作業をする
  5. 夕方前に最後の仕事を集中して終わらせる
  6. インプットとアウトプットの時間を入れる
  7. 軽く運動をする
  8. 夜はクリエイティブな趣味やリラックス時間を過ごす

午前中に集中する仕事、夜は集中のいらない発想力を使ったことをして過ごすのが良い

日記の書き方

  • 最初は10分程度で終わる内容にする
  • ポジティブなこと、楽しいこと、嬉しかったことを書く
  • ネガティブな内容なポジティブな部分だけ書く

箇条書き、短文、長文とレベルアップしていくと良い

最初は簡単にすることによって続けやすい

読書感想の書き方

  • 読む前の感想
  • 気づいたこと
  • 実行した内容と変化

これらを書いていく、最初は短文から始める

参考文献

一つのテクニックが2,3ページくらいで、書いてあり読みやすいです

他にも沢山のテクニックがありました

自分にあうものを選んで、上手くアウトプットをしておくのが良いと思います

確かに自己紹介テンプレは作っておいた方が便利そうです

最新情報をチェックしよう!