基本的には本のアウトプットで、その中でも使いやすい知識をピックアップしていきます

読書メモ【イヤなことは死んでもやるな】から使いたい知識を箇条書き

やらないことを見つける

やりたくないことリスト 

  • 思いついたら、すぐに書く癖をつける
  • すぐに辞めると、いずれ辞めるもので分ける
  • 毎日「やりたくないことリスト」を見る
  • 辞める方法を見つけたら書き込んでおく

ちょっとでも、嫌だ不快だと思ったことは書く

少しの違和感でも大切

すぐに辞めれるものは、すぐにやめる

いずれ辞めることは、やらない方法が見つかった都度書き込んでいく

突っ走る方法

  • 逃げ道を塞いで見る
  • 優先順位をなくす
  • それしかない状態を作る

他にできることを作ってしまうと、思考がぶれてしまう

それらを全部潰して、それしかできない状態にすれば結果的に成功する可能性が上がる

勇気を出して、これと決めてみる

やらなくて良い思考を作る

  • イラッとしたら怒っても意味がないことか考える
  • 怒っても時間しか消費しないと考える
  • 「まっいっか」と思えるようになるのがコツ

まずは、これは怒っても意味がないことかを考える癖をつけてみる

怒る時間が無駄だと思えるマインドになれば、出来るようになる

他の人と比べるのを辞める方法

  • 以前の自分と、今の自分を比べる
  • あの人と自分は何が違うのかを考える
  • あの人はどうやって成功したのかをリサーチする

比べるのではなく、何が違くて、どうやって成功したのかを調べるようにする

比べることの意味のなさがわかれば、比べることはなくなる

やることを見つける

直感を使う

  • 決断のときは直感を優先
  • 日頃からやりたいことを考える
  • 日頃からやりたくないことを考える

直感で決めてしまった方が、自分の出来ることがわかる

自分の感情に対して直感を使うのは良いが、専門知識のいるものに付いては、直感は役に立たない

自分に、その分野の専門性があるかを見極めてから直感を使う

やることの選び方

  • ちょっとでもワクワクしたものを選ぶ
  • 楽しそうだと思ったことは、手を付けてしまう
  • 行動が遅くならないように、すぐにやる

少しでも行動が遅くなるとやらない理由を見つけてしまう

やらない理由、めんどくさいと思う感情が出る前に、初めてしまうほうが良い

叶えたいことの考え方

  • やりたいことを、やった時の感情をイメージ
  • 達成後はどうなりたいかをイメージ

先のこともイメージしてしまう

どんな状態になっているかよりも、その時どんな感情でいるかを考える方が良い

インプットの時間

本の読み方

  • テーマを決めて、数10冊パラパラ読む
  • 今必要だと思う部分以外読まない
  • 初めにと終わりを先に読んで概要を知る

自分に必要だと思う場所を選別する訓練をする

ダラダラと読まないで、自分が実行できるものにする

学ぶ前に始めること

  • 時間はどの程度、掛かるかを調べる
  • お金はどの程度、掛かるかを調べる
  • 努力は必要かを調べる
  • どの程度で、投資した時間と金額を回収できるか調べる

すぐに行動を初めた方がいいが、ざっとこれらは調べてしまう

それ以外のことは調べながら行動をした方が良い

参考文献

やりたくないことリストの作り方は、特に学びになりました

すぐに辞めることと、いずれ辞めるところで分ける

「いずれ辞める方法が見つかったら、その度に記入していく」というのは良い方法です

辞める方法を修正していけば、本当に嫌なことを消せそうですね

他にもテクニックが載っているので、気になった方は読んでみて下さい

最新情報をチェックしよう!