基本的には本のアウトプットで、その中でも使いやすい知識をピックアップしていきます

読書メモ【神メンタル】から使いたい知識を箇条書

自己省察

今の自分を知る方法

  • 自分がどんな人か書き出してみる
  • 今何を考えているのかを書き出す

自分が「今何を考えているかを書く」と、今最もやりたいことがわかる

意識しているからこそ、思い出す

目標の作り方

目標を叶えやすい書き方

  • 既に叶っているものとして書く
  • 漠然ではなく明確に
  • 一年後叶っていることと、5年後に叶っていることも書いてしまう
  • 本能的にするため、短時間で書く

もう叶えたものとして書き出すと、脳がギャップを感じて叶えようとする

行動力や思考が自動的に、そちらの方向へ向かい、情報を集めだす

目標理由の書き方

  • 実行したい理由を書く
  • 実行したい理由が、思いつかないものは捨てる

漠然な理由でもいいから、とにかく書き出しまくってみる

思いつかないものは、そこまで大事ではないから実行しにくいので、パス


目標達成できるメンタルを作る

目標の刷り込み方

  • 目標達成した時の五感全てをイメージする
  • その目標に近い画像を集める
  • 画像をいつでも見れるように、保管しておく

短時間で、見つけてしまったほうが本能的に欲しい物になりやすい

五感の中でも視覚が、一番強いから画像を集めてみるのが良い方法

メンタルを、なりたい自分のメンタルにする

  • 将来の自分になったつもりで、今の自分を書き出す
  • 1年後、3年後の自分も書き出す
  • 住んでる場所や資産など細かい部分も書き出す

その時の自分をイメージして、自己省察をすることで「今の自分とのギャップを感じ」自動的に情報を集めだす

将来の自分がイメージできない時のやり方

  • 自分に質問をして答える
  • 目標達成した時どうやって達成したか答える
  • 過去の自分へのアドバイスも答える

インタビューアーから「質問されていることをイメージ」して、その質問に答えていくと、将来の自分が明確になる

朝と夜にやること

  • 鏡の前で、紙に書いた将来の自分を言葉にする
  • その紙に書いたことをイメージをする

デジタルで保存するよりも、手書きで書いたほうが圧倒的に意識できる

意識できれば、目標達成もしやすい

目標にしている人を使う方法

  • なりたい自分に近い人を、イメージする
  • なりたい自分に近い人の口癖を真似する
  • なりたい自分に近い人の思考を真似する
  • なりたい自分に近い人が考えないことを辞める

この人なら、こんな時、こんな風に考えるだろうなということをイメージ

こんな状況になったら、こんな行動を取るだろうなとイメージする


無敵のメンタルを作る思考法

ネガティブを、どうにか「ポジティブに出来ないか考える」癖をつける

嫌なことがあっても、何処かにメリットがあるか探す癖をつける

例えば、「バカにされたら今普通の人とは違うユニークな思考をしている」と思う

めんどくさい出来事があったら「これで成長できるチャンスが訪れた」など思考を変えてみる

参考文献

全て実行すれば、本当に人生が変わるほどのことが書いてありました

後は、どのように簡単にこれらを実行する環境を作るかを工夫することが大切です

他にもテクニックが書いてあるので、気になる方は読んでみましょう

最新情報をチェックしよう!