基本的には本のアウトプットで、その中でも使いやすい知識をピックアップしていきます

【エッセンシャル思考】から使いやすい知識をpick up

  • 11月 28, 2020
  • 12月 21, 2020
  • 脳科学
  • view

エッセンシャル思考 = とにかく無駄を省き大事なことに集中する

これがエッセンシャル思考という考えのようです

日本人に特に多く、がむしゃらでも無駄なことをやっていればいい、頑張っているように見えればいいなど、とにかく無駄が多いことが知られています

無駄を省いて削ぎ落として、大事なことだけに集中するほうが結果的に良くなることがほとんどです

このエッセンシャル思考からわかりやすくて使いやすい部分だけを抽出していきます

エッセンシャル思考

  • より少なく、より良く
  • 捨てるものを考える
  • 重要なことを特定
  • やりやすい環境を作る


非エッセンシャル思考

  • 全部完璧にやる
  • 納得がいかないとやることを増やす
  • 根性論で、ごちゃごちゃしている
  • 時間に追われている

エッセンシャル思考を手に入れて、無駄に増やすのをやめる

何故うまくいかない場合に増やしてしまうのでしょうか

例えば、会社の売上が悪くなり、なにか対策をしないとと思い、無駄にやることを増やしたり、複雑にしたがる人がいます

心当たり、もしくはそういう人を見かけたことがありませんか?

全部やろうとすると失う

失いたくないから、沢山のことに手を付けようとするのでしょうが、結果として全てやろうとすることで失うものの方が多くなります

集中してできるものが、他のものに分散してしまいます

オーストラリアの看護師が死ぬ直前の患者に後悔していることを聞いて記録していたようです

その結果、『他人を気にせずにジブに正直に生きればよかった』こんな言葉を残す人がとても多かったようです

もしも、自分が死を迎えたとき、後悔しない自信はありますか?

その人の生活を見ればエッセンシャル思考かわかる

エッセンシャル思考の人はミニマリストの人が多いです

もしかしたら使うかもしれないから捨てないで取っておこう』

これは完全に非エッセンシャル思考の持ち主です

物が少ないと無駄な考えも減るようです

他の大事なことに集中するためにも必要最低限のものにしておくのが理想的です

意識していなくて目に入ってしまっただけでも思考は引っ張られます

世界的に有名な経営者なども、全部同じ服で揃えているなど、ミニマルに整理されている人が多いです

とにかく捨てる勇気を持ちましょう

何をやるかではなく、何をやらないかで考える

やることを増やす一方では増え続けてしまいます

ごちゃごちゃになることは必然です

困ったときは何を減らせるかを考えてみましょう

全然うまく行かないから、こんなのも取り入れてみようではなく

全然うまく行かないから、削れる物や、やらなくても良いものを探してシンプルにしてみると、うまく行く可能性があります

エッセンシャル思考で、自分を制御する

自分を知ることで、自分の集中メソットを確立できます

何を選択すれば、やる気や体調がよくなるかを知ることができるのです

人は意志の弱い生き物です

根性論ではなく、自分を制御できる環境を作ってしまいましょう

やるしかない環境を作ってしまう

エッセンシャル思考ではない場合、色々なことに注意が分散してしまい、全くはかどりません

それならば自らやるしかない状態に持っていきましょう

理想は、机とパソコンしかない部屋を作ることです

仕事以外のことを出来ないようにパソコンを設定してしまう方法もあります

他の関係のないものを見ない状態を作るだけで効果抜群です

無駄なことを考えるだけでも脳のリソースを使ってしまいます

やるべき以外のことは、できない環境を作ってしまうのが理想です

自分と向き合い考える時間を作る

じっくりと考える時間と注意散漫な時間の両方を作らなくては良いアイディアが生まれることはありません

あの天才、ビル・ゲイツでさえも自分の時間を作って考えているのだから、あのような天才ではない私達は尚更、自分の時間を作らなくてはいけないのは明確です

読書習慣や考える時間をしっかりと決めてしまいましょう

日記で自分と向き合う

知りたいことや、体験談などはメモを取ると様々な良い効果があります

毎日の日記を習慣にすることのようです

人間の記憶というのは曖昧なものです

日記をつけることで、自分のことを客観的に見ることができます

思い込みや、記憶違いも防ぐことができるので、脳に良いことばかりです

小さいときに隣に住んでいたお姉さんが綺麗だったと記憶していたが、当時の写真を見てみると、『全然そんなことなかった!』

そんな経験はありませんか?

脳みそは自分の都合のいいように記憶を書き換えてしまう場合があります

幽霊を見たというのも大抵は、途中で記憶を自分の都合のいいように改変してしまっているのが原因です

遊びは最高の自己投資

遊ぶことで自己省察になり、どうせぎょすれば良いのかが見えてきます

遊びのいいところ

  • ストレス解消になりいいアイディアが生まれる
  • 脳を刺激して、高度な思考が可能になる
  • 楽しんでいることを知ることで自分を知れる


遊びは仕事にも重要なようです

googleやTwitter社など、遊びココロのある会社は社員も、のびのびと仕事ができるので、効率も上がり、良いアイディアも生まれてくるようです

やはり仕事というのは嫌々やるよりも楽しんでできることを探したほうが生産性も上がるようですね

まずは遊びたい、やってみたいことはめんどくさがらずに少しやってみましょう

睡眠を制して自分を制御する

昔とは違って睡眠が重要なのは常識ですね

非エッセンシャルな考えの人は、寝る時間を削って仕事を終わらせようとしたり、寝ないほうがかっこいいという謎の根性論で生きています

しかし現代は違います

エッセンシャル思考の人は

眠いときは、まずは寝てから仕事を頑張ろう

いいアイディアが生まれないなら、とりあえず寝よう

今まで集中力が続かなかったり、行動力がなかったりで、悩まされているなら、一度寝る習慣を作ってみましょう

あまりにも絶好調で生産的になるので、元の生活には戻れません

悩んだならNO!です

人に誘われて、行きたいような行きたくないようなどうしよう…

そう考えた場合はNOと断りましょう

悩んだ時点で、それはやりたくのないことです

逆に『これ面白そうやってみたい』と思ったものはめんどくさがらずに少し手を付けてやってみましょう

悩んだらNOですが、やりたいことが複数ある場合は優先順位をつけてみます

並べてみて、一番大事だと思うことだけをやる

無駄なものを削ぎ落としてこそ、エッセンシャル思考になれます

しかしチャンスは逃したくはありません

その場合

  • チャンスかもしれない内容
  • 最低限の基準
  • 理想の状態

これらを書き出して、本当に必要な物を客観的に見てみましょう

とにかく削り、捨てる

無駄なことをやり続けていたら、時間はいくら合っても足りませんし、とても非効率で良いものも生まれません

無駄だと思うことは見切りをつける、必要かどうかわからない場合は捨ててしまいましょう

一番大切なことの見つけ方

これはとても使いやすく効果的な方法です

例えば、会議などで色々な問題がごちゃごちゃしてしまい、どんな対策をすれば良いのかわからなくなってしまったとします

もちろん一人で抱えている問題でも構いません

ごちゃごちゃと沢山の問題があると、酷いときはどうでもいい気持ちになってしまいませんか?

『もし、この中でどれか一つしかできないとしたら何をする?』

これを自分に問いかけてみます

ただそれをやればいいだけで、とてもシンプルなことです

一番大切なことを解決することで見えてくることもあります

悩んだら優先順位をつけて、大事なことから片付けていきましょう

サンクコストに捕らわれない

サンクコストは、今までに投資してきたんだから途中で辞めるのはもったいないという思考から、正常な判断ができない思考です

例えばUFOキャッチャーで『もう少しで取れる、ここで辞めたらもったいない!』スケールの小さい話ですが、何となく分かるはずです

投資商品を保有しているなら、『もし今保有していなかったら投資する?』を考えましょう

『投資をしてきたが、凄いマイナスを食らっている』

その場合、もったいないからこのままにしておくではなく

もしも今投資をするとしたら、この銘柄やこの商品に投資をするかを0から考えるのが良いです

他にも自問自答をして、少し考えてみるというテクニックもあります

何でも自分事として考えるのではなく、客観的に考えるのが大事です

思考も作業もできることは自動化にする

人は無駄なことを選択するときにも、脳のリソースを使っていまいます

人間の脳は筋肉と同じで、使えば疲労します

筋肉はどこを鍛えてもデメリットは基本的にありませんが、どうでもいいことを選択するための脳を鍛える必要はありません

無駄なことをなるべく削ぎ落として、鍛えたい脳のリソースだけを使って生産性を上げましょう

そのためにはできる限りのことを自動化してしまうのが、最も効率の良い方法です

ほんの少しやるつもりでもいいから、手を付けてしまう

やりたくないことやるとき、始める瞬間が脳への負担が最もかかるときです

そのために面倒くさいという感情が生まれてしまいます

意外と始めてしまえば、なんだかんだ結構やってしまったという経験はきっとあるはずです

どんなことでも最初は面倒に感じてしまいます

その面倒なのを少しずつ始めてしまい、習慣化します

自動でできるようになれば、脳のリソースを使わずに、毎日歯を磨いているような感覚で、大抵のことはできるようになります

エッセンシャル思考の人は、ほんの少し初めて少しずつ雪だるま式に大きくしていきます

非エッセンシャル思考の人の場合は、気合で一気にやってしまおうと考えます

そして2度とやらなくなくなってしまいます

例えばダイエットを続けたい人は、一気に短時間で痩せようとします

しかし、健康的で魅力的に痩せるためには、そんな方法ありません

エッセンシャル思考の人は少しずつ、脂質や糖質を減らして、できるようになってから、次のステップに進みます

焦るのは、よくありませんが、小さく始めることの場合は、なるべく早く手を付けてしまうのが、脳への負担が少ないです

先延ばしにするよりも、すぐにやってしまったほうが確実に効率がいいのです

遅くやればやるほど、感情というのは、より強く載ってしまうようです

つまり楽しみなことをするのを先延ばしにした場合、より楽しい気持ちになれます

面倒くさい、やりたくないことを先延ばしにすると、より辛い気持ちになります

嫌なことは早く、楽しいことは先延ばしにするのが基本です

小さなスタートと小さなゴール

脳は進んでいる実感が大好きです

ゴールをしたときの達成感も大好きです

それならば、小さく簡単なスタートと、小さく簡単にできるゴールを作ってしまうのが効率良いです

ゴールをしたときに、小さなご褒美があるとより効果的です

そのご褒美は本当になんでも良いようです

デジタルなものでも、ちょっとした飲み物食べ物でも

私の場合は『Habitca』というアプリを使ってRPGの武器や防具を買ってご褒美を得られる習慣化アプリを使っています

面倒なことは全て無意識にできるようにする

習慣化というのは感情をゼロに持っていくための技術です

楽しいことを習慣化してしまうと感情がゼロに近づいてしまうので、楽しい気持ちはなくなります

そのために、嫌なことも感情がゼロに近づくので、辛い気持ちがゼロに近づきます

毎日同じことを同じようにやっていると習慣化されます

習慣化したいものがあるなら、何かすでに習慣化されているものとセットに行います

そうすることで、習慣化もやりやすくなるようです

例えるなら、毎日歯を磨いた後は絶対にスクワットをするなどですね

辛いことは他人事のように、考えるとつらい気持ちが薄くなります

苦痛の感情から逃げようとすると辛くなるので、受け入れてしまうのがコツです

嫌なことも毎日無心でやっていれば、嫌な感情はなくなります

欲張ると習慣は途絶えてしまう

習慣化にしたいことが沢山ある

何でも習慣化するのに、全部一気に、習慣化できるかと言われれば、そうでもありません

非エッセンシャル思考の人は、あまりにも欲張りすぎてしまいます

欲張らずに、必ず習慣は一つずつ作るようにしましょう

難しい習慣なら尚更です

複数の習慣を一度に習得したい場合は、本当に簡単なものだけにします

強烈に嫌な感情が出ている場合は、あなたの許容範囲を超えている証拠です

飽きっぽくて続かない人は習慣を週間予定にしてしまう

毎日同じことばかりで変化がほしい

自分なりに向いているやり方をアレンジしましょう

変化が欲しい人は、一週間の週間をスケジューリングしてしまいます

この曜日はこれをやると決めてしまう

毎日やる必要のない習慣なら、飽きることも少ないので、良い方法かも知れません

無駄なことをしないための集中力をつける

どんなに削ぎ落として大切なものだけに絞っても、集中力がなければ続けることが出来ません

集中力がなければ、能力も時間も分散してしまい、とても非効率です

エッセンシャル思考を身につけるためには、集中力のテクニックを身につけるのも大切です

マインドフルネス習得

  • 脳科学
  • 健康法
  • ビジネススキル
  • 人間関係


健康法や生産性を上げる方法を調べると必ずと言ってもいいほど、マインドフルネスは毎回のように出てきます

それだけ科学に認められた大切なスキルということです

私もマインドフルネス瞑想を毎日の習慣にしていますが、確かに効果は凄いです

今となっては瞑想を禁止された場合、気持ち悪くて発狂しそうです

  • 集中力の向上
  • 脳の疲労回復

沢山の効果がありますが、この2つの効果だけでもやらない理由がありません

最初は確かに面倒な気持ちになりますが、これも習慣化の技術を使って、毎日の習慣にしてしまえば良いのです

まずは静かで誰にも邪魔をされない場所で、目を閉じて呼吸だけに意識を集中させてみましょう

最初は5分、慣れてきたら30分程度続けられるようになります

エッセンシャル思考は極端に言えば、無駄を削ぎ落として一点集中させる技術です

そのためにはマインドフルネスは必須ではないでしょうか

どっちもやるではなく、どっちかを選ぶ

『今スマホでゲームをしているなら、この時間を生産性向上のために使う方法は何かないだろうか?』

『どうでもいい飲み会に誘われたら、その代わりに自分のためになる本を読もう』


予めこんな状態になったら、こう言おう、こう行動しようとパッケージ化してしまうのが脳のリソースを使わずに楽な方法です

『この人達の飲み会に誘われた場合は、この断り方をしよう』

ネタ帳のようなものを用意すると良いです

とっさに決めるとなると正常な判断もできなくなってしまいます

投資の世界でも同じだと思います

予め、こうなったら利確をして、こう動いたら損切りをしよう

予め決めておけば、とっさに予想外の大きな動きを見せたときでも、すぐに行動が出来ます

無駄に迷うことのない人生が幸福度を高めるコツです

参考書籍

他にも細かくエッセンシャル思考にするためのテクニックが沢山載っています

無駄なものを削ぎ落として、人生をシンプルに楽にイージーモードにしましょう

最新情報をチェックしよう!